プログラマーは激務かどうか

プログラマーは基本的に激務という事が知られている。IT業界だけでは無くて、他の業種でも納期が迫って来た場合には、眠る時間も惜しいという事は非常に多い。特にスケジュールが遅れているならば、その遅れをとにかく取り戻すために無理な残業もしなければならない事も多いだろう。

さらに予想していなかったバグ等が見つかったら、それを修正するために残業もしなければならない。寝るどころか、休日等も返上をして、とにかく時間を作って仕事をしなければならないケースも多いのが実情である。

ただし大きな計画では少し事情が違って来る。例えば、プログラマーは仕様書等システムの全体像がはっきりとしなければ、仕事に取り掛かる事は出来ない。そのために空いた時間等も発生するので、その部分は時間に余裕が出来る。年がら年中、ずっと忙しい訳ではないので、この部分だけを取れば激務と感じない方も居るだろう。

つまり個人的な傾向というのも影響があるのだ。例えばプログラムという仕事が好きな人間は、どんなに忙しくても、他人がどう考えようとも全く不満を感じないタイプの人間がある。ただ、個人によっては良いかもしれないが、他人からするとその姿を見て、早く帰るのが悪いと感じられてしまう風潮を社内に作り出してしまうケースもある。そのためにチーム全体に悪い影響をもたらしてしまう。これがプログラマは激務というイメージが定着してしまう要因であり、事実、プログラマー業界の特徴と言えるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です