プログラマーに必要とされる強いメンタル面

プログラマーにとって必要となる能力は激務を激務と思わないための精神の持ち方である。開発現場においてはどうしてもボトルネックとなってしまいがちなのがプログラミングの仕事であり、その完成によって最終的なテストに至れるようになるということが典型的である。

そのため、チームプロジェクトとなっている際には多くの人が仕事を終えてしまっている中で、プログラミングの仕事だけが山積みとなっている状況に立たされることも稀ではなくそういった状況でも冷静さを保って淡々と仕事に勤しむことができるメンタルの強さが必要になるのである。

そういったメンタル面の強さがなければ精神的に患ってしまう可能性があるほどに激務となる現場すらあるのも事実であり、そういった状況に置いても動じないことで活躍していける可能性を見いだせるようになるのが実態となっている。

一方で、プログラマーの技術者としてのスキルは現場によって必要とされるものが異なるものの、こういった厳しい仕事を必要とされる現場においては基礎的な面が重要視されることが多い。与えられた仕様書から最適な開発環境を選べる能力が重要となり、それを可能とするためのプログラミング全般に対する広い知識と経験が要求される。

そして、場合によってはプログラミングを始めてから仕様の変更を受け、それに伴って最善の解発環境を選び直さなければならないこともあり、それに動じないメンタルが不可欠となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です