激務から回復するプログラマーの長期休暇

激務の仕事は、長く続けることは難しい。その時は無事に仕事を乗り越えたように思えても、体には確実に負担がかかっている。忙しい仕事のスケジュールが続くようであれば、どこかで息抜きを必要とする。

ソフトウェア開発会社としても、激務による従業員への負担を考えれば、忙しかった開発プロジェクトの後には、十分な休息の時間を設ける方がいい。このことから、激務のソフトウェア開発がひと段落ついた後には、まとまった休暇で心身を休めるという事が有効である。仕事とプライベートのメリハリをつけ、休むときには徹底的に休む事で、心身の回復を図る事ができる。

長期休暇では、できるだけプログラマーの仕事に関する事柄からは離れておいた方が望ましい。休暇に精神と肉体のリフレッシュに集中する事も、プロとして必要なことである。こうしてまとまった休暇をソフトウェアの忙しい開発プロジェクトの間に十分に設ければ、プログラマーの人材としての価値が長続きする。

たとえ仕事が忙しいときでも、それを乗り越えさえすれば、苦難の未知の先に充実した休暇の日々が待っていることをイメージし、仕事にも張り合いがでてくる。プログラマーの職場を選ぶ場合には、プログラミング技術者に対してリフレッシュするための配慮を持った職場を選ぶ事が役に立つ。自身での精神や肉体のケアにも限界がある事から、適切な環境で働ける職場を探す事が、労働者の疲弊の問題解決につながるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です